地域ブランドの復興とアート作品の関係

「今治タオル」は、地域ブランドにおいて近年爆発的に復活した最たる例である。クリエイティブディレクター佐藤可士和がブランディングプロジェクトを推進したが、それはブランドマークやロゴデザインだけでなく、その品質基準を決め、それをクリアしない商品は「今治タオルブランド 認定商品」を名乗る事が出来ないというものだった。それは目に見える形で高品質を人々に伝え、今治タオルを持つ事の優越感を購入者に与えることになった。結果「今治タオル」は爆発的にヒットしたのである。

 

その後、多くの地域ブランドはこのスタイルに習いブランド復興を行っていったが、なかなかうまくいかないようである。ではなぜ他のブランドでは難しいのだろうか。それは根本的にアプローチの仕方が間違っているのである。言うなればタオルは工業製品でありすべてが同じである。しかしそのタオルを他の地域のタオルとの違いを見せなければならない時、「今治タオル」は統一基準を造る必要があったのである。つまり沢山ある今治タオル工場すべてからたった一つの高品質のタオルを作りそれが違いを産み出し、そして成功したのである。佐藤可士和が素晴らしかったのは、素敵なブランドマークや最高のロゴデザインをデザインしたことでなくこの基準をはっきりと内外に発信できたことにある。 他の地域ブランドも工業製品であるなら統一の基準をもってブランド化しなければならないだろう。

 

さてここで問題なのはこのアプローチは、アーティストや職人が大きく関わるブランドにはうまく行かないということだ。それはそうだろう彼らは自分が造るものを製品と見ていない、作品と見ているのである。それを統一の基準として縛るならそれはすでに個人の作品ではないのである。だから作品としての地域ブランドを復興する場合、そのアーティストや作家、職人にスポットをあてるしかない。当然これは非効率だ。工業製品のように大量生産もできなし、下手をすれば一点ものかもしれない。それでも違いがはっきりと示せる。大切なのはアーティストや作家、職人が自分の作品の統一基準を作りそれを内外に示す事なのだ、その作品を持つ事に購買者が優越感を持つ時に、この「個人的地域ブランド」は爆発的では無いにしても大きな復興の第一歩を進みだしたと言えるだろう。私たちが運営するGAVAERSもアーティスト一人一人の「個人的地域ブランド」をこれからも内外に発信するよう努力し続けて行きたい。GAVAERS/小谷倫一

スチームパンクの台頭はデジタル社会へのアンチテーゼなのか

今スチームパンクが熱い。スチームパンクの定義はなかなか難しいが、簡単に言うと産業革命時の蒸気機関が小型化した社会の世界観といえるかもしれない。ただそこから派生したアンティーク調な作品や国や時代感が非常に複雑なのでカテゴライズはほぼ無理だろう。有名なものに映画「海底二万マイル」のノーチラス号のデザインがある。ビスで溢れる潜水艦の表面、艦首のギザギザ感や内装デザインはスチームパンクの世界観をよくあらわしている。日本ではやはり大友克洋のSFアニメ映画「スチームボーイ(2004)」がその筆頭だろう。現在アニメやその他のメディアでその世界観を使った作品、商品がちまたでよく見かけるようになってきた。これはすでにサブカルチャーの領域を越えたといえるだろう。ではなぜ今人々はスチームパンクに魅了されるのだろうか?それは現在のデジタル社会に人々が本能的に拒否反応を起こし始めたからだ。今私たちの周りはシンプルで使いやすくかっこいいものであふれかえっている。しかし人は、複雑で使いにくくかっこうが悪い(これは異論があるだろう)ものを本能的に必要としている。そういうことに人々は気づき始めたのだ。バーチャルで軽い今の社会ではなく、リアルで重く汗臭いつまり生きている事が実感できる社会への渇望が今のスチームパンクの台頭へとつながっている。当然これが新しい社会観としてメジャーの文化になっていくのか、ただの一過性のブームで終わるのかは、後代になってみないとわからないが、ただ私たちは今一つの文化の胎動を目の前で目撃している事は確かである。GAVAERSパートナーのQUEさんはまさしくその胎動の渦中にいるアーティストなのでこれからも彼の作家活動を注視していきたい。ーGAVAERS/小谷倫一

道綱たけし(絵描き)/Takeshi Michitsuna(Painter)

ゆったりとした雰囲気の人であることは間違いない。道綱たけしは独特の時間感覚をもつ絵描きである。それは何も考えていないという意味ではなく、逆に良く考えてから行動するタイプということだ。彼の創作活動はまさしく考える事から始まる。考えて考えて何か一筋の光が見えた時、制作に取りかかりそこからは一心不乱に描き続ける。彼の作品の代表作にHENGAO(変顔)シリーズは、30作以上ある大作だがそれも数ヶ月で一気に描きあげた。つまり彼は情熱の人でもあるのだ。そのギャップが彼の人としての魅力を物語っている。『人とのかかわり合いが自分の創作活動の原点である』と彼は述べていた。人からでる内奥の感情が人の顔から出てくるのが好きらしい。だからこそ似顔絵をよく描くし、作品も人に関わるものばかりを制作するのだと。。もしかすると『絵描き』という肩書きにこだわるのは、人との距離の近いアーティストになりたいとの願望の現れかもしれない。ーGAVAERS/小谷倫一

木村庸祐と私/Yosuke Kimura and I

木村庸祐と私が初めて会ったのは、10年ぐらい前のアメリカ・ニューヨークでのことだった。私は、もともと彼の妻である木村瑞穂と知り合いで、彼女から彼を紹介されたのが初めての出会いだったと思う。「寡黙でありながら優しい雰囲気を持つ紳士」というのが彼を表現する為の正しい言葉だろう。彼の母語は英語だったので私は片言の英語で彼と話していたが少しも嫌な顔をせずニコニコ会話につきあってくれていた。二人はアメリカで暮らしていたが、2011年に妻の実家のある岡山県伊部に移動した。私も半年遅れで日本に帰国したが双方の家が車で30分くらいの距離だったので今も時々遊びにいっている。妻の瑞穂は、備前焼の名家木村家の跡取り娘なので、いつか『木村微風』の名を継ぎ八代目として活動する事になるだろう。庸祐は帰国後、義父の『七代目 木村微風』の元で修行をし、最近ではいくつもの良作を発表している。七代目は彼について「面白いものを創るね。ただその形は斬新なため、焼く時に割れてしまう事が時々ある。そこが課題かな」と教えてくれた。元構造設計デザイナーの「木村庸祐」は、備前焼という伝統工芸を後世へと導く革新という風を吹かせようとしているのかもしれない。これからも彼の作品に注目していきたい。ーGAVAERS/小谷倫一

始めに / At the beginning

みなさんこんにちは、GAVAERS代表の小谷倫一です。

今日からネットセレクトショップGAVAERSを運営させていただきます。こちらのサイトでは、アーティストやクラフトマンの紹介と彼らの作品を販売していきます。多くの方に作家さんたちのストーリーに触れていただくこと、また彼らが創作活動に専念できるようにサポートする事を目的としています。一種のアーティスト版クラウドファンディングといえるかもしれません。興味をもたれた作家さんの作品を購入することで、私たちは一人のアーティストを育て、文化を育てる一端を担う事ができるでしょう。日本の岡山という地方で始まる小さな試みですが、世界中に日本在住の多くのアーティストをご紹介できるようがんばっていきます。よろしくお願いいたします。 

Hello everybody, I am Tomokazu Kotani of GAVAERS representative. We will run a net select shop GAVAERS from today. In this site, we will continue to sell the introduction and the work of artists and craftsmen. Many things I am touching the story of the writer and his friends in person, also they have been intended to support so that it can concentrate on creative activities. You might say that a kind of artist version of crowd-funding. By buying the work of artists who are interested, we will be able to play a raising one of the artists, foster a culture one end. It is a small attempt to begin in the provinces of Japan in Okayama, but we will work hard to be able to introduce a lot of artists to people around the world. Thank you.